人間ドックについてまとめました


人間ドックについてまとめました

人間ドックというのは、健康な体を保っていくため、また異常がないのかということを確認するために必要なものです。毎年、何らかの形で健康診断をしっかりと受けていれば、目に見えない病気になっていても早期発見につながります。
人間ドックはいろいろな項目について、検査をしていきます。尿や便は事前にとっておき、身長や体重、血圧、血液検査、視力、聴力、メタボリックの目安になる腹囲、心電図、肺のレントゲン、バリウムでの胃の検査、内臓のエコー、女性では乳がんや子宮がんの検査など、いろいろな項目があります。これは医療機関によって多少異なるのですが、肺活量や骨密度といったものを行ったり、女性ではマンモグラフィーなどがあったりすることもあります。短くても半日はかかるものです。
職場などの補助もなく、全額自分で負担するとなると、3~4万円程度かかるものです。しかし、検査をしておくことで健康管理をしっかりとしやすくなるので、やっておくに越したことはないのです。

人間ドックの基礎知識

人間ドックは、自身の身体の状態を確認することや病気の早期発見などを目的に、医療機関で身体の病変の有無をいくつかの精密検査を行うことによって調べる検査のことです。呼称は、患者が数々の検査を受けていく様子が、船舶がドックで船体の検査を受けていく様子に似ていることが由来となっています。
人間ドックでは生活習慣病や、胃がんや肺がんなどの日本で特に発症例が多いがんの発症の可能性を中心に調べていくものです。定期健康診断の検査内容を包含しているため、企業の中では定期健康診断の代わりに人間ドックの受診を義務付けていることがあります。
近年の人間ドックの受診者は翌日以降の仕事のことも考慮して、半日もしくは1日で検査を受けるコースを選択することが多いです。受診料は高額であり、病気の治療が目的の受診ではないため、保険が適用されず全額自己負担となります。そのため、受診者が加入している組合では、受診費用の助成制度が設けられていることが多いです。